HOME ▶ 資源の有効利用のために

資源の有効利用のために

さらに、新たなリサイクル社会の発展に
貢献し続けます

藁工品の取扱業から、古紙回収へと、私たち上野紙料がリサイクル業界に携わり1世紀が経とうとしています。 社会、産業の変化とともにその業態は大きく変化しましたが、時代を経てもその精神は受け継がれています。特に古紙リサイクルは、環境保全と産業の発展にとって欠かせないものとなり、資源価値としての再生技術も革新的に向上しています。地球環境は、まだまだ多くの課題を抱えています。豊かな森林や、清流、澄んだ空気・・・未来の子どもたちに、美しい環境を引き継ぐために、古紙リサイクルをさらに社会に根付かせ、循環型社会の創造に貢献していくことが、私たちの使命だと考えています。

適切な分別で、紙の有効活用を。禁忌品とは、紙の原料にならない異物(禁忌品)がまざっていると紙の再生の妨げにもなります。分別時には以下のものが混ざらないようにお願いします。

  • 圧着はがき
  • 合成紙
  • 臭いのついた紙
  • 感熱紙
  • 裏カーボン紙
  • 金・銀などの金属が箔押しされた紙
  • 印画紙の写真、インクジェット写真プリント用紙、感光紙
  • 感熱製発砲紙
回収古紙
段ボール
雑誌
新聞
紙パック
古紙利用製品
段ボール箱・紙筒など
段ボール箱・絵本など
新聞紙・週刊誌印刷用紙など
トイレットペーパー・ティッシュペーパーなど